福澤建築


在来工法1かつての日本家屋では壁はほとんどなく、 各部屋はふすまや障子などの建具で仕切られており、 それらの建具をはずせば家全体がひとつの大きな部屋になる造りが普通でした。 この造りは木材の「柱」と「梁」を家屋の骨格にした 「軸組工法」といわれるもので、 古来から日本家屋の標準的な工法だったので 「在来」工法ともいいます。

この「在来工法」は周囲の自然に接する開口面が多いので、 空気の循環・通気に優れ、日本の高温多湿気候に最も適しています。 夏は涼しく快適な生活ができますが、 冬は冷え込むのが唯一の欠点でした。

現在は建築基準法が施行され、 耐力壁の施工が義務づけられましたので、 柱や梁だけで支える家屋は造れなくなりました。 在来の軸組工法と言えども最低減の耐力壁は必要です。

在来工法2先に述べたように、 「新築病(シックハウス症候群)」の原因は「窒息住宅」にあるといえます。 窒息を解消するには、空気の循環・通気させるにために 「軸組」による在来工法を家屋の基本構造にすることです。 そして従来の欠点であった冬の冷え込みを、これからご紹介する WB工法によって解決します。 「在来工法」+ 「WB工法」 により四季がある日本の豊かな自然を身近に取り込み、 安らぎのある生活が実現します。 その上「省エネ」という相乗効果も現われるのです。

WB工法

日本には世界に誇るべき建築文化の木造建築があります。 木材を家づくりに生かす心と技が、歴史や風土につちかわれてきました。 この木造建築が持つ英知の集積を学ぶことは人類的課題とも言っていいでしょう。

一年を通して高い湿度、世界有数の降雨量、著しい冬の寒冷、夏の高温、 またその温度差という建築物にとって極めて厳しい条件の下、 100年200年と時が育てた木の生命の力は、 気候風土に適応する住まいの力へと姿を変え、 私たち日本人の生活を守ってきました。

在来工法の最も優れた点の一つに、 木材の持つ調湿能力を生かしている事が上げられます。 木は湿気を吸い込んでは吐き出し、 また湿度が高くなれば吸い調湿しています。

通気断熱WB工法は、このような木材の調湿能力を生かしながら、 さらに機械換気装置に頼らず独自の通気システムを構築し、 まるで家自身が呼吸しているように自然な通気制御を実現しています。

通気断熱WB工法は、進化した在来工法なのです。 WB工法のWとはダブルの通気層、Bとはビルダーとブレス(呼吸)を表します。

通気断熱WB工法とは?

WB工法

温熱環境について

「家の作りようは、夏を旨とすべし。冬は、いかなるところにも住まる。暑き比わろき住居は、堪へ難き事なり」これは、徒然草の一節です。夏過しやすい家とは、風通しが良い家のことを言います。WB工法は、この「風通し」を「通気」というかたちで住まいに取り入れました。
また、「冬は、いかなるところにも住まる」とありますが、現代人はそういうわけに行きません。冬の極端な寒さは、血管疾患を招き命に関わる事もあります。冬の暖かさを保つためには、「断熱」が不可欠です。WB工法では充分な断熱性を確保しております。
本来、通気と断熱は相反する状態となり両立する事は大変難しいとされてきました。しかし、WB工法はこの通気と断熱を両立し、夏冬快適な環境を造りだします。

空気環境について

人間は、気管支呼吸と皮膚呼吸をして生きています。気管支呼吸は空気を体内に取り込み、皮膚呼吸は汗を出すことで老廃物を出し、体温を調節しています。
その人間が家に住むわけですから、家も人と同じように呼吸をしなければ健康に住むことはできません。気管支呼吸のように壁の中に空気を通して、皮膚呼吸のように壁から湿気を排出する。この二つの呼吸で室内の有害物質を排出しクリーンな室内環境を造りだします。

できるだけ電力を使用しないために、WB工法の仕組み

WB工法は、夏は自然におこる上昇気流を利用して建物内の無駄な熱を排出し、冬は暖房した空気を逃がさないよう開口部を閉じることで、冷暖房に使う電力を出来るだけ減らせるよう工夫しております。また、夏と冬の切り替えを行う際に必要となる換気口の開閉も電力を使用しないよう、熱感知式形状記憶合金を採用しております。自然の温度を感知して自動的に開閉できる仕組みは、これからの節電対策として重要な仕組みです。

※ WB工法のより詳しい情報はこちらのサイトでご確認できます。

株式会社ウッドビルド

施主のニーズに確かな技術と誠意で応える

女優の島かおりさんと対談させていただき、「月刊グラフ日本」(株式会社日本報道センター刊)に掲載していただきました。

※ インタビュー特集記事「THE PRESIDENT」より・島かおりさん(女優)との対談

キャリヤ30年のベテラン

shimakaori

島:こちらはいつ設立されたのですか。

福澤:私自身はもう30年近くこの仕事をしてきましたが、 独立してここを始めたのは20年ほど前のことです。

島:それでも20年ですから、立派なキャリアですね。 ところで、今また木の家の良さが見直されていますでしょう。 社長さんは一級技能士という資格もお持ちですから、 こちらの場合もそういう家がメインなのですか。

福澤:そうですね。 私はツーバイフォーやプレハブなどの新しい工法ではなく、 いわゆる昔からの在来工法でやっています。

島:この辺りは木曽桧の産地ですが、 素材的にもそういうものを使うのですか。

福澤:これなどは総桧です。

島:まあ、それはぜいたくですね。 今工場に伺っているのですが、 こちらである程度の加工を行って現場に運ばれるわけですか。

福澤:はい。ここである程度材木を加工しまして、 それを現場に持ち込むのです。

島:そうしますと、現場での仕事としてはそれほど大変な部分はないのですね。

福澤:そうです。昔はすべて現場で造っていましたが、 今はなるべく短期で仕上げたいということもあり、 できるだけここで加工しています。 大体の部分をここで造るという感じで、 現場では取り付け作業がメインです。

島:それにしましても、 総桧の家となりますとかなり高価な家なのでしょうね。

福澤:この辺りでは坪単価60万円くらいですから、 都会よりは安いと思います。

島:それはすごく安いですよ。 ですが、今はこういう時代で何でも本物志向になっていますでしょう。 そういう意味では、 家造りも本物志向になっているのでしょうか。

福澤:そうですね。建てるなら本物か安いものかで、 中間層がなくなった感じです。

島:値段の安さにこだわるか、 質の良さにこだわるかの両極端なわけですね。

福澤:そういうことです。

輝く実績が新たな仕事を生む

島:お仕事はやはり地元が中心ですか。

福澤:はい。メインは地元ですが、 時にはかなり遠くにまで出かけることもあります。

島:どんな家が多いのでしょう。

福澤:ここに写真があるのですが・・・。

和風建築外観島:すてきな家ばかりですね。 こちらのこの家には、暖炉風のストーブがありますね。

福澤:それは薪ストーブです。そういうものも、 全部オーダーでつけています。

島:ぜいたくですねえ。 この家も純和風ですてきですが、 施主さんは年配の方ですか。

福澤:施主さんは、私の恩師なのです。薪ストーブ

島:それはいい仕事をなされましたね。 家だけではなく、外回りの門なども造ったのですか。

福澤:ええ、それも私が全部造りました。

島:この家で建坪はどのくらいですか。

福澤:57坪だったと思います。和風建築門

島:それで、値段はいくらですか。

福澤:この家を建てたのは10年ほど前ですが、 当時で坪単価が40数万円でした。

島:それでも総額二千万円台ですか。 東京などでは考えられない安さですね。

福澤:そうでしょう。

島:この辺りで新築される家と申しますのは、 大体こういう家が主流なのですか。

福澤:今は、いろいろな形態があります。 こちらのような洋風タイプの家も結構需要があります。

島:この家で、どのくらいの広さですか。

福澤:62坪くらいです。 この家はつい最近手がけたのですが、 母屋は別にありまして、 二世帯住宅のような形で息子さんが結婚しても住めるようにと建てられた家です。 母屋も、私が15年くらい前に建てました。

島:15年前に建てた母家の住み心地が良かったから、 また注文が入ったわけですね。

福澤:私の仕事は、こういう過去の実績や口コミで入ることが多いですからね。 ただ、家と申しますのは何十年も持つものでしょう。 今はこういった新築の仕事は比較的少なくて、 大半は私が以前に手がけた家の改装という形で入って来る仕事になります。

今後はリフォームをメインに

島:どれもこれもため息がでるほどすてきな家ですが、 社長さんのご自宅も、やはりこういったこだわりの家なのでしょうか。

福澤:それが、我が家はただ古いだけの家なのです(笑)。 今蔵が雨漏りしているのですが、 忙しくてそれも直していません(笑)。

島:どんな世界の方でも、 意外とご自分のことは後回しになるものですね(笑)。

福澤:そうなのです(笑)。

島:独立してここまで20年ですが、 今振り返ると良かったと思われますか。

福澤:それはやはり、 自分で手がけた家が確かに残るだけにやり甲斐があります。 それに、いい仕事をしてお客様の喜ぶ顔を見た時には、 この世界で長く仕事をやってきて本当に良かったなとつくづく感じるのですよ。

島:形に残るお仕事ですものね。 今スタッフは、何名でやっているのですか。

福澤:基本的には営業から何から私一人でやっていまして、 忙しい時にだけ外注にお願いするという形でやっています。

島:そうなりますと、 外注さんとの横のつながりも大切になってまいりますね。

福澤:そうです。この仕事は一人ではできませんから、 仲間は大切にしています。

島:年間を通じますと、 今お仕事的には何軒くらいの家を手がけているのですか。

福澤:基本的には私一人の仕事ですから新築が一棟くらいと、 後は主にリフォームです。

島:設計まではなさらないのですか。

福澤:パソコンで大まかな設計をし、 忙しいので確認登録は外注にお願いしています。

島:あくまでご自身は、 現場でのお仕事を大事にしていらっしゃる感じですね。

福澤:そうですね。私は、この仕事で一番大切なことは、 やはり施主さんへの対応だと思うのです。 そのためにも常に私自身が現場に出向きまして、 施主さんのご希望に迅速に応えられる体制作りを心がけています。

島:最後に、夢などもお聞かせください。

福澤:今後はおそらくリフォームの仕事が増えると思いますので、 これからはリフォームをメインに頑張りたいです。 あとは、大工になるという一つの夢はこうして実現しましたから、 子供達が学校を卒業するまで当分の間は一生懸命働くのみでしょうか(笑)。shimakaori_2

島:子供さんには後を継いで欲しいですか。

福澤:できれば継いで欲しいですが、 まだ小さいですからどうなることか。

島:子供さんが立派に後を継がれる日が、 一日も早く来るといいですね。 それまでご自身もお体を大切に、 ぜひ頑張ってください。